トップページ >  にんにく卵黄の基本知識 >  にんにく卵黄の効能・効果

にんにく卵黄の効能・効果

にんにく卵黄は、にんにくの持つ栄養価と、卵黄の持つ栄養価を同時に摂取できる効率のよい健康食品です。 にんにくと卵黄を同時摂取することにより、それぞれが相乗効果を発揮し、さらに高い効果を得ることができます。

にんにくに含まれる「アリシン」は、殺菌・抗菌作用や疲労回復・滋養強壮作用が注目されています。 アリシンの持つ殺菌・抗菌作用は非常に強力で、12万倍に薄めてもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などの菌類に対する抗菌力を発揮します。 外用薬としても使用されており、現在ではウイルスによる風邪や鼻炎の予防にも用いられいます。

アリシンは体内のエネルギー代謝に不可欠なビタミンB1と結合して、ビタミンB1の吸収率を高める働きがあります。 身体の代謝がより活発となり、活動エネルギーを作り出して疲労を回復したり滋養強壮剤としての役割を果たします。

卵には良質なタンパク質が含まれています。 中でも卵黄の部分にはカルシウムや鉄、ビタミンAやDなどが豊富に含まれています。 卵黄に含まれれる「レシチン」は、人間の細胞膜の主成分でもあり、卵黄の摂取は細胞の生成・維持を助けます。 レシチンには体内のコレステロールを下げる働きがあることが確認されており、1日2個程度の卵の摂取は健康維持にいいです。

にんにくと卵黄を同時に摂取すると、卵黄に含まれる中性脂肪とにんにくのアリシンが「結合」します。 それは、強力な抗酸化作用を持つビタミンEと同じ効能を持つスーパー成分で、体の若返りを促し、活性酸素による体内老化を防ぎます。 レシチンの働きを活発化し、悪玉コレステロールの分解を助け、動脈硬化や心臓疾患を防ぎます。

にんにくと卵黄は、相性が抜群にいいのです。

にんにく卵黄の効能・効果

  殺菌・抗菌作用や疲労回復・滋養強壮作用がある
  体内のコレステロールを下げる
  悪玉コレステロールの分解を助け、動脈硬化や心臓疾患を防ぐ