トップページ >  にんにく卵黄の基本知識 >  にんにく卵黄の1日の摂取量と副作用

にんにく卵黄の1日の摂取量と副作用

にんにく卵黄の摂り方は、メーカーが示す摂取量の目安を守れば問題ありません。

にんにく卵黄のにんにくの刺激成分から胃を守りたいという人は、食後に摂るのがよいでしょう。 メーカー側が示す摂取量の目安を超えて、にんにく卵黄を摂ってしまうと、場合によっては胃を荒らしてしまうことがあります。

にんにく卵黄は、医薬品ではないため、他の医薬品と化合すると言う心配はありません。 にんにく卵黄は、薬ではないので、食事中に摂っても、コーヒーやジュースと一緒に摂っても特に問題はありません。

にんにく卵黄の1日の目安としては、にんにくと卵黄だけでつくっているタイプのものが多いです。

また、卵のアレルギーのある人は、にんにく卵黄の摂取を避けたほうがよいでしょう。
にんにく卵黄の1日の摂取量と副作用

  サプリを過剰摂取すると、胃を荒らす可能性があるの注意
  卵のアレルギーのある人は、にんにく卵黄の摂取を避けたほうがよい