トップページ >  にんにく卵黄の健康効果 >  にんにく卵黄で脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化防止

にんにく卵黄で脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化防止

血栓ができると血液の流れを妨害して酸素の供給ができなくなってしまいます。 動脈硬化が進行すると、血管が狭くなり血管の内壁に傷ができやすくなって血液を完全に止めてしまうような大きな血栓になってしまいます。 血栓が、脳の血管内、脳動脈にできると脳梗塞に、心臓を取り巻く冠動脈にできると心筋梗塞になってしまいます。

こうした病気の予防には、血液の中にあって血栓をつくる小さな粒子・血小板の凝集機能を阻止することが必要です。 血管に傷がつくと、血小板が傷口を覆うようにはり付きます。その血小板の中で、血小板を凝集させる物質トロンボキサンが発生し、血管がつまって血栓になります。

しかし、にんにく成分(メチルアリルトリスルフィド)が存在するとこの血栓が発生しません。 血栓の発生を防ぐと同時に、小さな血栓で傷を修復して血管が詰まるのを防いでくれるのです。

にんにくを5g食べると、約48時間も血小板の凝集力が抑えられることがわかっています。 脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化対策には、にんにく卵黄が効果的です。

また、卵のアレルギーのある人は、にんにく卵黄の摂取を避けたほうがよいでしょう。
にんにく卵黄の効能

  脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化対策には、にんにく卵黄が効果的